日本人ならメールより年賀状が良い

最近は、“あけおめ”メールが殺到し、その影響で大手キャリアの回線がパンクする。などというニュースを耳にすることもあります。
世間の流れは、年賀状を止めてメールに移行している人が増えつつあるようですが、年賀状はお正月にと届くように前もって年末に書いて出す。というスタイルが良いです。

年末の忙しいときに、年賀状に多くの時間をとらなければならないのは、正直キツいです。
年が明けた瞬間に、あけおめメール一斉送信で済ませられたら、どれだけ年末の忙しさが緩和されることか…。

でも、年賀状を書くと言うことは、その1枚を書く間はその相手のことを考える時間です。
沢山出す年賀状の中には、毎日のように会っている人もおりますが、年に1度も会わないし、連絡もしない。
年賀状での交流しかない人もいます。
そんな人とも、年賀状で繋がっていたいです。

1年に1度、たった数行のコメントを書く間だけでも、関係を続けていたい。
そんな相手には、年賀状はとても有効な手段です。
今はお互いに忙しくてなかなか会える時間を取るのは難しい。

でも、いつか余裕ができたら会いたい。
年賀状だけのお付き合いの人は、そんな人達ばかりです。
たとえ、年賀状だけの付き合いでも、私にとっては大切な存在。
なので、年賀状書きは億劫ですが、今後も続けていきたいと思います。